インターンシップ
インターンの受け入れについて
兵庫県ワシントン州事務所では、日本語・英語を話すバイリンガルスタッフがおり、随時インターン生の受け入れを積極的に行っています。
*無報酬、交通費等の支給なし 

こどもの日 着付け  インターンの主な研修内容は以下のとおりです:
   経済案件のリサーチ
   経済セミナーのアシスタント
   兵庫県の観光PR
   文化イベントのアシスタント
   フォトショップ、イラストレーターを使ったフライヤー、ポスターのデザイン
   各種資料の英語訳、日本語訳
   Facebookやブログへの入力
   簡易な市場調査(企業リスト作成等)     各種庶務 ほか 

  

調査とプレゼン

 

   当事務所では日米間の交流を促進する異文化・経済交流事業に関心があり、

   情熱を持って取り組んで下さるインターンの方を募集しています。

 

   上記の内容にとどまらず、当事務所の目的に合致した事業であれば、

   新しい事業提案を歓迎しています。皆さんの将来に役立つ経験となる様、

   本人の希望、資質にあった研修内容を提供しています。 

 

 

兵庫県ワシントン州事務所でのインターンにご関心のある方は、履歴書と、

当事務所でのインターンの目的を明記したカバーレターを添えて

以下の宛先までメールでご連絡下さい。  

連絡先:office@hyogobcc.org


  2013年サマーインターン修了生からの声
~兵庫県ワシントン州事務所でのインターンシップを通して~


  私達は兵庫県ワシントン州事務所でのインターン生として、主にワシントン州と兵庫県の姉妹都市提携 
  50周年の記念行事に携わりました。 
  はじめに、兵庫県知事やワシントン州上院議員なども参加された淡路人形浄瑠璃公演での案内係を勤  
  めました。会場前にブースを設置し、兵庫県のPRも行いました。  
 
  メインイベントの姉妹提携50周年記念式典はワシントン州議事堂にて行われ、私達は兵庫県からの高 
  校生団と共に、双方の知事が姉妹都市提携の調印を行った様子を拝見しました。
その中で高校生のサ
  ポートや通訳業務を行いました。
  兵庫県物産展においては兵庫県の名産品をワシントン州の知事団の方々に紹介するパネルを作成しました。 
関西セミナーでは、来場されたVIPの方々の受付をし、席にご案内しました。
実際にセミナーで、コストコの社長や、関西の観光PRのプレゼンテーションを拝見し、
ワシントン州や関西について、見識を深めることができました。 
 兵庫県議会議員団の方々が事務所を訪問された際には、
議員団の方々の前で事務所についてのプレゼンテーションを行いました。
海外事務所の必要性が問われる中で、私達が事務所での体験談も話すことによって、
兵庫県議会議員団の方々に海外事務所に対して前向きな考え方を抱いていただきました。
 
 50周年記念行事の最後のイベントとして、英語落語家の桂三輝の落語の公演の準備を行いました。
イベント当日はビデオ撮影と、音響を担当しました。 
50周年記念というこの貴重な経験を通して、海外という離れた立場から日本を見つめなおすことができました。
またワシントン州と日本が長らく築いてきたつながりの深さに感銘を受け、
このような一大イベントに携われた経験は自分たちにとっても大変意味がありました。
こで学んだ仕事に対する姿勢を、私達の今後に活かしていきたいと思います。
                                       神戸大学大学院R.Mさん 神戸大学K.Mさんより



当事務所のインターンを取材した記事